建て主のミカタ

頼りになるつなぎ融資とは?

頼りになるつなぎ融資とは?
たとえば、公的融資を受ける場合、物件が引き渡された(所有権が建て主に移転された)時点で融資が実行されます。

しかし、融資実行までに支払いが発生するケースが大半です。

融資実行までに必要な資金が足りない場合、一時的に借り入れ、支払いをするために利用するのがつなぎ融資です。

本来の融資実行までの「つなぎ」的な役割を果たすのでつなぎ融資と呼ばれています。

建物が完成すると引渡し、入居となりますが、この段階で登記費用や住宅ローンに関わる諸費用など、さまざまな支払いが発生します。

その最も大きなものが建築費用の残金です。

公的融資の実行は住宅の引渡し完了後、その土地・建物が建て主(融資申込人)の名義とならなければ実行されません。

一般的に、住宅の引渡しから融資実行までの期間は1~2ヶ月程度だと言われていますから、スムーズに住宅を手に入れ、融資実行となるためには、一時的につなぎ融資を利用し、残金の精算を行うことになります。

その後、公的融資が実行された段階でつなぎ融資の返済を行うという流れになります。

なお、つなぎ融資を利用している期間は金利のみを支払い、公的融資が実行された時点で元金を返済するということになります。

自己資金に余裕がない場合には、つなぎ融資を利用することになるので、住宅ローンを申し込む金融機関につなぎ融資の利用が可能かどうかを確認しましょう。つなぎ融資の手続きには抵当権の設定などはないので、事務手続きそのものは比較的スムーズに進みますが、金利が高めというのが実状です。

つなぎ融資を利用する期間を極力短くするために、住宅ローンの申請や手続きをタイミングよく行いましょう。

家づくりで必要な15のお金の知識