建て主のミカタ

家を建てるために必要な道路とは?

家を建てられる区域と建てられない区域


都市計画区域内の土地では、幅4m以上の道路に2m(接道幅2m)以上接していなければ、家を建てるための敷地としては認められていません。これを「接道義務」といいます。

しかし、実際には4mに満たない道路も数多くあるため、建築基準法では4m未満の道路でも、特定行政庁(都道府県知事または市町村長)が指定したものについては、建築基準法上の道路として扱うことにしています。これを一般に「2項道路」、または「みなし道路」と呼んでいます。

ただし、2項道路に面する敷地に家を建てる場合には、道路の中心線から2m後退したところが、道路と敷地の境界線となります。つまり、自分の敷地であっても、道路の中心線から2m以内の部分は敷地面積には含めず、建ぺい率や容積率の計算を行うことになるというわけです。これを敷地の「セットバック」といいます。

接道の義務


他にも、周辺状況によって敷地の境界線が変わることがあります。
また、すでに建物が建っていても、接道条件を満たしていないものについては、建て替えができないケース(再建築不可)があるので注意が必要です。

土地選びで知っておきたい8つのポイント