建て主のミカタ

条件の良くない土地とは?

条件の良くない土地


土地Aのように、路地状部分だけが道路に接しているものを旗竿敷地(路地状敷地)といいます。奥まった静かな環境という長所がある一方、道路に接している路地状部分の幅や長さによっては、駐車スペースを取ることができなかったり、敷地面積の割には建築に有効なスペースが少ない非効率的な場合もあります。

さらに、条例などによって厳しい規制がかけられている場合もあるので、十分に調査する必要があります。

旗竿敷地・路地状敷地・袋地


土地Cのように道路に接していない敷地を袋地といいます。土地Cは道路との間にある土地Dの一部を通行する囲繞地通行権*「いにょうちつうこうけん」という権利を持っていることになりますが、これは土地Cにとって必要最低限の通行を確保するための権利でしかありません。したがって、囲繞地通行権を持ち、かつ、その幅が2m以上なければ家を建てることはできません。

なお、建築確認申請において、敷地は必ずしも土地の所有権と一致していなくてもよいことになっています。そこで、旗竿敷地や袋地敷地の新築や建て替えの際、道路に面している隣接地(土地Bや土地D)の一部を申請用に貸してしまうことがありますが、将来建て替える時、貸した部分を建築敷地にできなくなることを頭に入れておかなければなりません。

*囲繞地通行権とは、周囲に所有地のすべてが囲まれ、道路に出られない場合、その土地所有者は道路に出るために、囲まれている他人の土地を通行することができるとした権利。


土地選びで知っておきたい8つのポイント