建て主のミカタ

家を建てることができる面積

家の規模の上限を決める建ぺい率と容積率


家の面積には建築面積と延べ床面積の2種類があり、建築面積は建ぺい率で、延べ床面積は容積率で制限されています。

建築面積は家を真上から見たときの水平投影面積、延べ床面積は各階の床面積の合計です。

敷地面積に建ぺい率を乗じた数値が建築面積の上限に、敷地面積に容積率を乗じた数値が延べ床面積の上限になります。

たとえば、敷地面積が100mで建ぺい率50%なら、建築面積の上限は50m、容積率100%なら、延べ床面積の上限は100mになるというわけです。

建ぺい率・容積率による面積の制限


なお、建ぺい率、容積率ともに用途地域ごとに異なる値が定められています。

たとえば、敷地が角地であれば、建ぺい率は10%加算されることがあります。

また、延べ床面積の上限は前面道路の幅員が12m以上であれば指定容積率になりますが、12m未満の場合は指定容積率よりも小さくなる場合があります。

土地選びで知っておきたい8つのポイント