建て主のミカタ

厳しい高さ制限

斜線制限と高さ制限


面積だけでなく、高さに関する規制もあります。これは、近隣の日照や通風を確保するために定められたもので、特に注意しなければならないものが斜線制限と高さ制限です。

道路斜線制限
道路斜線制限は、建物の道路に面する一定部分の高さを制限することで、道路自体の採光や通風を確保することを目的としたものです。
前面道路の反対側の境界線を起点として、1:1.25(1:1.5の場合も)の勾配の斜線を引き、その斜線の内側に建物を収めなければならないという制限です。
なお、道路斜線制限には緩和規定が設けられています。道路境界線から建物を後退させて建てた場合(a)、その分、反対側の境界線の起点も同じだけ(a)後退させることができ、高い建物を建てることができるようになります。

高さの制限


北側斜線制限
北側斜線制限(北側高さ制限)は、南側に建てる建物の高さを制限し、北側にある敷地の日照や通風を確保することを目的としています。
隣地境界線から5mの高さを起点に、1:1.25の勾配の斜線を引き、その斜線の内側に建物を収めなければならないという制限です。
なお、この隣地境界線からの高さは、第1種・第2種低層住居専用地域では5m、第1種・第2種中高層住居専用地域では10mとされています。

絶対高さ制限
絶対高さ制限とは、地面から建築物の一番高いところまでの高さを制限したものです。
都市計画法で定められた第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域では、建築物の高さを10mあるいは12m以下にしなければならないと定められています。
なお、第1種・第2種低層住居専用地域でも、軒高7m以上、または3階建ての場合、「日影規制」が適用されることがあるなど、算出方法が複雑であるため注意が必要です。

土地選びで知っておきたい8つのポイント