建て主のミカタ

書籍紹介

※ amazon kindle版はスマートフォンやタブレットに、Kindle無料アプリをダウンロードすることでお読みいただけます。

意外と多い住宅トラブル。
お金の問題、契約の問題、工事の問題……
その原因は、慣習となってしまった住宅業界特有の仕組みにあります。
ほとんどの書籍ではこのことには触れられていません。
全国の建築士・工務店を指導している著者が業界の事情を解き明かします。
トラブルを防ぐポイントは、契約前の対策。
本書は、住宅業者本意の家づくりから脱し、建て主のための家づくりをアドバイスします。

【 目次 】
はじめに【お読みいただけます

1章 家づくりがうまくいかない!
実際のご相談内容

2章 どうして住宅トラブルになるの?

3章 トラブルからの救済ではなく、トラブルを未然に防ぎたい
~わたしがこの本を書いたわけ~

4章 契約前に注意したい質問と答え
家づくりの準備段階で知っておきたい15の注意点
・テレビや雑誌で紹介されている業者なら安心?
・大手なら安心?
・業績がよい業者ならよい仕事をしているのでは?
・安い坪単価表示に惹かれますが?
・まずは住宅展示場に行こうと思いますが?
・「設計料はかかりません」って本当?
・デザインを得意とする建築士を選びたいのですが?
・設計・施工・監理一体型の業者ならお得?
・住宅業者は必ず予算を聞いてきますが?
・相見積もりで最安値を提示してきた業者を選びたいのですが?
・いきなり工事契約書の提示、契約しても大丈夫?
・住宅業者は図面を曖昧にしたがるって本当?
・契約を急がされていますが?
・「厳しい社内検査があるので安心です」と言われましたが?
・「業者を無料で紹介」「家づくりサポート」の利用は?

5章 正しい家づくりの手順とチェックポイント
後悔しない家づくりのための10のチェックポイント
・資金計画を立てる上での鉄則とは?
・「言った、言わない」にならないようにする方法とは?
・土地取得時に判を押してはいけない書類とは?
・業者の誤解や身勝手を許す原因の一つとは?
・工事契約書に判を押す前にまずすべきこととは?
・仕様変更や追加オーダーがトラブルの原因に?
・工事契約書に判を押す前にすべきチェックとは?
・工事費の支払い方法は世間の非常識?
・業者とのやり取りで最初に伝えることとは?
・不利な工事契約書、約款に盛り込む項目とは?

おわりに

プロフィール