建て主のミカタ

見積書と適正価格 ~一式見積もり~

見積書はとても重要です。
高いのか、安いのか、すべて記載されているのか、足りないのか、把握しなくてはなりません。
そうでないと契約してから金額が変わってきかねず、損をしてしまうからです。

一式見積もり
よく見かける見積書はこのようなものです。

一式見積書

単位が「式」となっているのがわかるでしょうか。
これは「一式表記」「一式見積もり」といって、材料費と工事費の区別なくまとめてあります。
材料費と工事費が一緒になってしまっているということは、材料費を削れば削るほど業者の利益分が浮くことになります。
それから、この見積書には材料のことが一切書かれていません。
これではどのような材料を使ってどのような工事をするのか、まったくわかりません。
しかしこの程度の見積書で工事契約してしまうことがよくあります。

基本設計図を作成し、材料の種類や質など具体的なことを決め、実施設計図と仕様書を作成してから見積もりを出すというのが正しい手順です。
このようにすると、工事内容・部材や設備・金額はすべてきちんと対応してきます。
上の例では、具体的なことがなにも決まっていないのに金額だけが決まっていることになります。
いったいなにをいくらで頼んだのかまったくわかりません。
このようにあいまいな見積書では、工事内容を変更したい場合などに金額の増減がややこしくなり、業者の言い値を受け入れるしかなくなってしまいます。
あとから値段が変わってくるというのはこのような場合です。

また、この見積書には地盤調査費・設計監理料・確認申請料の記載もありません。
ほとんどの住宅業者はこれらを無料と称していますが、そのぶん他の項目の金額に上乗せされています。
決して安くしてくれているわけではありません。


実施設計図・仕様書・内訳明細書のチェック
見積書の詳細をはっきりさせないとあとあと困ったことになりかねません。
経済的にも損をしてしまいます。
そうならないためには、実施設計図と仕様書を完成させた上で内訳明細書を出してもらう必要があります。

内訳明細書

内訳明細書とはこのようなものですが、専門用語であふれています。
それがどのような作業で、果たして適正価格なのか、把握するのはかなり大変です。
しかし、実施設計図と仕様書の内容がきちんと反映されているか、ひとつひとつチェックしなくてはなりません。
頼んでいない項目があったり、頼んだ項目がなかったりということもあり得るからです。
漏れや重複があった場合、余計に支払ったり、頼んだことが実現されなかったりしかねません。
そのため、実施設計図・仕様書・内訳明細書のチェックは必須作業といえます。


あわせて読んでおきたい5つのこと