建て主のミカタ

図面の秘密 ~基本設計図と実施設計図~

図面には2種類あることをご存じでしょうか。
まずはこちら。

基本設計図

基本設計図です。
いわゆる間取り図ですね。
でもこれだけでは工事はできません。

実施設計図

こちらが実施設計図。
材料の太さから質まで、厳密に書き込まれています。
実際の工事ではこの図面をもとに施工します。

さて、この実施設計図を建て主に提出しない業者がとても多いということをご存じでしょうか。
そのような業者に値引きなどを頼むと、費用の帳尻を合わせるため、建て主に見せていないこちらの図面が書き換えられます。
つまり、材料や仕様の質を下げられてしまうんです。
サービスしてくれたと勘違いしがちですが、そうではなくて単なるグレードダウンなんです。
これを防ぐには、工事直前に図面が変更されていないか、すべての図面を厳しくチェックするしかありません。
最初の図面と、工事直前のものは違うかもしれない……というところがポイントです。


あわせて読んでおきたい5つのこと