建て主のミカタ

家を賢く安く建てる方法

住宅業者の見積書には宣伝費など工事に関係ないものが含まれています。
これは実際には目に見えませんが、全体の30~40%に当たると言われています。
たとえば2000万円の家も、実質は1200~1400万円相当ということになります。
残りの600~800万円が住宅業者の粗利です。
この多大なマージンをなんとかする方法をここでは見ていきます。

マージンの仕組み・二重利益
ハウスメーカーや工務店のマージンはこのような仕組みになっています。
下請け業者の見積金額に利益を乗せ
さらに経費や宣伝費を計上。
その割合は総額の3~4割!
下請け工務店に工事は丸投げ。
利益や宣伝費、開発費をのせて請求!
その割合は総額の3~4割!
家づくりには多くの工事業者がかかわります。
土木工事、基礎工事、建築工事、水道工事、設備工事、電気工事など、その数はおよそ15社にもおよびます。
これだけの工事すべてはできないので、住宅業者は下請けや孫請けを使います。
下請けは工事の見積もりを出しますが、そこに住宅業者がさらに利益を上乗せするので、このマージンは雪だるまのようにふくれあがっていきます。

このようなマージンの仕組みですが、ハウスメーカーや工務店への値下げ交渉はあまり効果がありません。
なぜなら、削られるのは彼らの利益ではなく、材料費や職人の人件費だからです。
そうすると単に質の悪い家になってしまいかねません。

質を落とさないコストの削減・公共工事方式
実際に工事をするのは専門の下請け業者ですから、彼らに直接工事を依頼する方法があります。

専門業者に直接工事を依頼すると…工事費以外を削ることができる!


本体工事をする建築工事業者に完成を保証させ、その他の専門業者は入札制(コンペ)で選んで直接依頼します。
こうすることで住宅業者の二重利益や宣伝費などとは無縁になり、材料や工事の質が落ちることもありません。
これを公共工事方式といいます。
類似の方式に、責任が分散する(建て主が全責任を負う)ものがありますが、工事責任の観点からよくありません。
公共工事方式では本体工事をする建築工事業者が責任を持ちます。


10%節約できる家づくり

『建て主のミカタ』ではこの公共工事方式での家づくりをお手伝いしています。
マージンや宣伝費を取らないため、同じ質の家が数百万円はお安くできます。
またデザイン、内装、外観、すべてご自由にお選びいただけます。
普通の住宅業者ではこのようにはいきません。
さらに、業者との交渉、公正な契約書・約款の作成、見積もりが適正かのチェック、工事内容の確認までをし、低価格で高品質な家づくりを実現します。

【10%節約できる家づくり】の続きはこちらから