建て主のミカタ

安い坪単価に惹かれて…

坪単価というのは、一坪(3.3㎡)あたりの建物の値段のことです。

よく、「坪単価○○万円!」というような激安広告がありますが、この数字にはカラクリがあります。
そもそも坪単価は、全体の価格を床面積で割ることによって算出されています。
ということは、床面積の数字が大きければ大きいほど坪単価は安くなることになります。

たとえば、坪単価を計算するときに、「延べ床面積」ではなく「施工床面積」を使う業者があります。
「延べ床面積」にはベランダや小屋裏収納、玄関ポーチなどは含まれません。
しかし、「施工床面積」はそれらを含んで計算するので、「延べ床面積」よりも「施工床面積」の方が広くなります。その結果、坪単価は「施工床面積」で算出した方が安く見えるのです。

また、本来は坪単価に含まれるはずの工事費などが入っていない場合や、諸経費が入っていない場合など、坪単価を安く見せる方法がいくつかあります。
このようなことを防ぐには、金額のなかになにが含まれていてなにが含まれていないのか、書面で提出してもらうことです。
【続けて読んでおきたいページ】

本体工事費の相場ってどのくらいなの?